資料の紹介

 クラウドの拡大や働き方の変化で、企業システムの基本構造は大きく変わった。アプリケーションやデータはクラウドに散在し、システムに社外からアクセスするケースも増えている。そのたびにセキュリティ対策を追加していった結果、つぎはぎの構成で運用・管理が困難になっている。ユーザーの使い勝手を落としたり、セキュリティリスクが高まる恐れもある。

 解決のカギとして注目を集めているのが「SASE(Secure Access Service Edge)」だ。米ガートナーが2019年に提唱した新しい概念で「セキュリティとネットワークの機能を統合し、複数のカテゴリーと機能を単一のクラウドで提供する」というもの。ただし、考え方が新しく、理解しづらいと感じている人も多いかもしれない。

 本資料では「SASEとは何か」「どのような悩みを解決するか」を豊富な図解で分かりやすく解説する。SASEを構成するコンポーネントを8つに分類し、サービス選びのポイントにも触れている。これからの企業システムに不可欠なSASEについて、実現方法も含めて理解できる貴重な資料だ。ぜひ参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。