資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響で、大企業を中心にテレワーク環境の整備が一気に進んだ。こうした環境変化で、働き方改革が急激に進展した企業も多い。ただ、それを実現するためのしわ寄せが情報システム部門に行ってしまっているケースが少なくない。テレワーク環境の整備、問い合わせ対応、端末管理に奔走した。

 それ自体の業務負荷はもちろん、“雑用”的な仕事に時間を奪われているのがより大きな問題だ。企業はニューノーマル時代を見据え、DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組まなければならない。推進役であるはずの情シスが本業に集中できないと、DXは遅れる。事業の競争力を失ってしまう恐れすらある。

 本資料では、情報システム部門に働き方改革をもたらす秘策として、ヘルプデスク管理とIT資産管理を紹介している。情報収集や問い合わせ対応といった、情シスが手を動かすシーンをできるだけ減らす工夫を凝らしているという。コロナ対応で情シスが“いけにえ”になっているかもしれない、そう感じるマネジャーはぜひ目を通してほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。