資料の紹介

 新型コロナウイルスの影響により、企業の営業活動に大きな変化が起きている。多くの企業で、これまで主流だった対面営業から、手軽なクラウド型のWeb会議ツールなどを活用した非対面営業へとシフトする動きが加速している。

 Web会議ツールを活用すれば、遠隔地の顧客に対しても、移動や宿泊などに時間とコストをかけずに商談ができる。また、立地や収容人数といった物理的制約がないオンラインセミナーの開催、インサイドセールスのほか、他拠点との営業会議などにも役立つ。

 本資料では、営業/マーケティング部門向けに、Web会議ツールの代表的な活用例5パターンを示した後、世界で80万社以上の利用実績をもつというWeb会議ツールについて、主な機能と特徴、導入実績などを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。