資料の紹介

 新型コロナウイルスのパンデミックが長期化し、クラウド型のWeb会議ツールなどを使ったオンライン営業に本腰を入れる企業が増えている。コロナ禍が一段落した後には、自宅からでも可能なオンライン営業が営業の基本形になっているかもしれない。

 オンラインでの営業を成功させるにはまず、Web会議ツールの機能と使い方を正しく理解しておく必要がある。「URLを共有するだけでスムーズに商談を開始できる」「商談中に画面を共有し、資料を解説できる」「レコーディング機能を使えば商談の振り返りや議事録作成がラク」といったことも、体得しておきたい。

 本資料は、オンライン営業を強化したい企業向けのガイドブックである。世界で80万社以上の導入実績をもつというWeb会議ツールを例にとり、アポイントの取り付けからアイスブレイク、振り返りまで、商談の各段階で役立つ機能の使い方を簡潔に示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。