資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、テレワークを実施する企業が増加している。それに伴って、社内会議や商談でのWeb会議の利用が当たり前となってきた。今後もWeb会議の活用は進んで行くと考えられる。その一方で、情報漏洩をはじめとしたセキュリティ面のリスクが懸念されている。

 Web会議のセキュリティ被害としては、マルウエアに感染する、オンライン/オフラインでWeb会議が盗聴や盗み見される、Web会議への不正入室などで会議が妨害される、偽のWeb会議アプリをダウンロードさせられて高額料金が請求される、といった事例がある。Web会議を業務で使いこなすには、こうした事態に陥らないようにする準備が必要だ。

 本資料では、Web会議を利用する際のセキュリティ対策について解説する。Web会議におけるセキュリティ被害のユースケースを紹介し、「人」「ルール」「技術」の3軸で対策を説明する。Web会議のセキュリティを守る方法は、情報システム担当なら“常識”として知っておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。