資料の紹介

 スイスの大手医療傷害保険会社であるVisanaグループは、エンドポイントのセキュリティ対策として、マイクロ仮想化技術を利用したソリューションを採用。ベルン本社と国内拠点合わせて約1500台のモバイル端末に導入し、運用している。

 エンドポイントのセキュリティ確保で重要なのは、「検知に依存したソリューションには限界がある」という前提に立ったうえで、ユーザーのリスクを低減し、電子メールやゼロデイ攻撃、マルウエア感染に誘導するWebサイトなどから保護することだ。あわせて、従業員の使い勝手に支障がないようにする必要がある。

 本資料では、Visanaグループが安全性と使い勝手を考慮して導入した、マイクロ仮想化技術に基づくセキュリティソリューションを紹介する。受信ファイルを端末上の仮想空間に隔離するため、ブラウザー、メール、USBメモリーなどほとんどの感染経路に対し、マルウエア検知に依存しない保護が可能であり、仮にマルウエアが動作してもOSは影響を受けない。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。