資料の紹介

 スピードアップや効率化を目指し、多くの企業が業務プロセスのデジタル化を進めている。だが、せっかく業務をデジタル化しても、取引先との契約に紙とハンコを使い続けていたのでは、そこがボトルネックとなってビジネスのスピードが落ちてしまう可能性がある。

 紙の契約書がもたらす、業務スピードの低下や遅延といった問題を解決する手段として注目されているのが、電子契約だ。書類のやり取りに要する時間や手間を削減できるだけでなく、電子契約をワークフローに組み込み、顧客情報や商品情報と連携させることで、業務効率のさらなる向上も期待できる。

 本資料では、電子契約のメリット、さらに電子契約とグループウエアの連携によるメリットを説明したうえで、実際の操作イメージを示す。例えば、グループウエア上にある顧客情報や商品情報などから帳票を生成し、メールアドレスを記入すれば取引先と契約締結、といった使い方が可能となるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。