資料の紹介

 電気、ガス、水道などの公益インフラ事業を担うのが「ユーティリティー業界」だ。社会を支える重要インフラを扱うため、他の業界以上に厳しい規制、コンプライアンス、ガバナンスが求められる。その影響もあって、ユーティリティー業界は変化の少ない業界だった。

 ところが、昨今のテクノロジーの急速な進化は、この業界にも大きい変化をもたらしている。例えば、再生可能エネルギー、水の再利用、プロセス自動化へと移行している。組織・人の動きも流動化し、人が動くたびにアクセス権の管理と統制を人手で実施するのでは、変化の激しさに追いつかなくなってきている。これはガバナンスやセキュリティ上のリスクを招きかねない。

 本資料は、ユーティリティー業界の企業に対し、アイデンティティー管理の自動化、安全なアクセス管理、データ保護、組織の見える化などの具体的な対策を提案する。その内容は、ユーティリティー業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)の加速に役立つはずだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。