資料の紹介

 オンプレミス環境のほか、パブリッククラウド、プライベートクラウドなど複数のクラウドを併用するハイブリッドクラウド環境の利用は既に、企業や組織のIT戦略において主流となりつつある。

 しかし、こうした複雑な混在環境では、エコシステムが無秩序に広がってしまい、開発も運用も非効率になりがちだ。これらを一枚岩のインフラに生まれ変わらせるには、臨機応変な拡張、ワークロードの自由な移動、さらには、インフラ上のどこでも実行可能なアプリケーションの開発と管理、といったことを可能にする必要がある。

 本資料では、複雑なハイブリッドクラウド環境を、一貫したインフラとして扱えるようにする手段として、ハイブリッドクラウド環境向けの管理機能などを備えたOSを提案する。管理機能のほか、対応するアプリケーション、導入作業の省力化、セキュリティ機能、コンテナとの親和性、サポート体制などについて簡潔に説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。