資料の紹介

 企業のクラウド活用が進み、業務システムをオンプレミスからMicrosoft AzureやAWSなどのパブリッククラウドに移行する企業も増えてきた。先行する企業の成功/失敗事例が蓄積され、クラウド移行の成否を分けるポイントも徐々に明らかになっている。

 例えば「コスト」もその1つだ。従量課金制のクラウドは、容量がコストに直結する。システム設計をおろそかにすると、思わぬコスト増を招いてしまう。「セキュリティ」も十分な検討が必要なポイントだ。クラウド事業者と自社との責任範囲が曖昧なために、どこまでを自社でカバーするかを事前に確認し、必要なセキュリティ対策を準備する必要があるのだ。

 本資料では、クラウド移行時に検討すべき5つのポイントを分かりやすく整理している。さらにMicrosoft AzureとAWSの違いや、失敗しないために押さえておきたい3つのポイントを紹介している。これからクラウド移行を検討する企業は、転ばぬ先のつえとしてぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。