資料の紹介

 メールセキュリティでPPAP問題が浮上している。PPAPとは、パスワード付き暗号化ZIPファイルを添付してメール送信したうえでパスワードを別送するもので、官民問わず“安全なメール添付方法”として長く運用されてきた。しかし2020年11月、平井卓也デジタル改革担当相が中央省庁でのPPAP廃止を明言。民間企業も追随する動きを見せる。

 昨今、暗号化ZIPファイルによる運用については、手間がかかる一方で、セキュリティ対策の効果にも疑問があるとの声が高まっていた。暗号化ファイルがセキュリティソフトの検知をすり抜け、実際にマルウエア拡散の温床となる事例も出てきている。今後、政府は代替としてオンラインストレージサービスによるファイル共有を活用する。

 本資料では、脱PPAPに役立つセキュアなファイル送受信手段として、ファイル転送システムの活用を推奨する。従来どおりのメール添付という手段を用いながら、生産性とセキュリティを担保できるというファイル転送サービスについて、機能の特徴やサービスの仕様、利用環境などをまとめている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。