資料の紹介

 メインフレームで稼働する基幹業務システムの受け皿となる環境がない、統合データベースがオンプレミスに構築されている、などの理由でクラウドに移行できていないシステムは少なくない。そうしたオンプレミスのシステム資産を生かしつつ、クラウドのメリットも享受したい企業が注目しているのが、ハイブリッドクラウドだ。

 一方で、AI(人工知能)やIoT、データ分析など、新たな付加価値を生み出すアプリケーション分野では、オープンソースソフト(OSS)の活用が一般的になっている。しかし、OSSはアップデートが頻繁に発生するため、短サイクルで更新を繰り返す必要がある。

 本資料では、クラウド移行が難しいシステム、OSSの頻繁な更新といった問題の解決に有効な技術「コンテナ」について、その活用メリットや、導入に当たっての課題などを解説する。さらに、コンテナと「Kubernetes」などのクラウドネイティブ技術を活用したハイブリッドクラウド上で、ビジネスの創出を支援する製品やサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。