資料の紹介

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)に取り組む企業は多いが、革新的な成果を得られている企業は必ずしも多くない。戦略の欠如や人材不足など様々な要因が挙げられるが、ITの面では「使われない大量データ」が大きな課題となっている。

 データ蓄積の重要性が叫ばれ、「どんなデータでも保存しておこう」という安易な発想でデータを蓄積する企業が増えた。しかし、どこに何があるのかすらわからないデータに利用価値はほとんどない。また、クラウドを利用すれば安価というイメージが先行した結果、急増するデータの保存コストの問題も顕在化し始めた。さらに、複数のクラウドを使うマルチクラウド化が進んだことで、分散したデータの集約・管理も困難になっている。

 本資料では、「データ蓄積」に関わるこうした課題を解決する方法を解説する。データのカタログ化、低コストで保存できるオブジェクトストレージ、ネットワーク経由のデータ階層化など、その解決策はなるほどと納得できるものだ。ため込んだデータをきちんと活用し、DXを成功に導くために役立つ資料となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。