資料の紹介

 日本航空(JAL)は、同グループが目指す姿「JAL Vision」において「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を掲げている。しかし、JAL Visionの策定を開始した2016年当時、JALのITは老朽化したレガシーシステムが多く、JAL Visionの実現に欠かせないビジネスのデジタルシフトを支えるには不十分だった。

 そこでJALグループは、新しいIT基盤のあるべき姿としてハイブリッド/マルチクラウドへのシフトを決断。そして、フランス語で「空」を意味する「CIEL(シエル)」と呼ぶハイブリッドクラウド基盤を構築した。その特徴は、オンプレミスとパブリッククラウドの双方に同一の仮想化アーキテクチャを展開し、仮想マシンを停止させることなく二つの環境間でシームレスな連携を実現したことだ。

 CIELはすでに稼働を開始し、現在、JALグループのデジタルシフトを支える重要なIT基盤となっている。本資料は、その開発プロジェクトの全容を解説したレポートだ。レガシーシステムを脱却し、ハイブリッドなIT環境を目指す企業にとっては、ぜひ参考にしたい成功事例となっている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。