資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症の深刻な被害が全世界に広がっているが、このパンデミックもいずれは終わるはずだ。アフターコロナの「新たな日常」は、働き方をも大きく変えるだろう。企業は、従業員が安全な職場復帰を果たし、速やかに高い生産性を取り戻せるように、今から準備しておく必要がある。

 「新たな日常」について企業が配慮すべきことは、大きく3つある。一つめは、従業員が守られていると実感できるように、個人の意見に耳を傾けること。二つめは、従業員が支えられていると感じられるようなワークライフバランスを実現すること。そして三つめは、従業員が安心して働けるようオフィスや現場の安全性を高めることだ。

 本資料では、従業員の安全な職場復帰に向けた効果的な手順を解説した後に、生産性の回復を支援するアプリケーションとソリューションを紹介する。新型コロナの広範な影響を払拭するには、職場復帰に向けた体制を迅速に整えるだけでなく、新しい日常の基礎となる企業文化を定義する必要がある。そのためにどのような機能が必要かを例示している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。