資料の紹介

 企業がクラウドを利用して成長戦略を進めるなか、複雑なソリューションが次々と採用されることにより、セキュリティ対策上の“ギャップ”が生まれ、エラーや設定ミスが発生しやすくなっている。リスクの全体像を把握しにくくなっていることも、この傾向に拍車をかける。

 システムをクラウドへ移行する際には、組織および技術面での課題を認識し、セキュリティの戦略とアプローチも慎重に計画する必要がある。ビジネス戦略上重要なクラウド移行であっても、セキュリティ対策次第で、企業に破壊的な影響を与える可能性が出てくるからだ。

 本資料では、最新の技術動向をふまえて、Googleが提唱する「4Cモデル」およびガートナーが提唱する「CNAPPモデル」の2大セキュリティアーキテクチャ、およびこれらを組み合わせたセキュリティ対策の有効性について解説する。さらに、こうした対策の実行を一元的に支援するセキュリティプラットフォーム製品について、特徴や導入効果を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。