資料の紹介

 2020年3月の緊急事態宣言により、業種・業態を問わずリモートワークへの急速な移行が始まった。同年の緊急事態宣言解除後も、多くの企業がリモートワークを継続。時代は「ニューノーマル」へと突入した。今や、ニューノーマルに対応できているかどうかが、企業の新人採用や、優秀な人材の確保にも大きく影響するようになっている。

 リモートワークへの移行に当たり、既存のVPNをそのまま利用した企業は多い。だが、そのままではセキュリティ、パフォーマンス共に十分とは言えず、緊急事態宣言が繰り返されるにつれ、長期的な対応を検討せざるを得なくなっている。実現手法にしても、リモートPCには制限事項が多く、仮想デスクトップ(VDI)はオンプレミスとクラウドでそれぞれ一長一短があるなど、検討すべき課題は少なくない。

 本動画では、VPN、リモートPC、VDIについて、それぞれのメリットや課題を整理する。そのうえで、VDIで快適にWeb会議ツールやSaaSを利用できるインフラとして、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)とクラウドを組み合わせてオンプレミスとクラウドの“いいとこ取り”を狙うソリューションを提案。どのような課題を解消できるかを、具体的に紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。