資料の紹介

 暗号化した添付ファイルとパスワードをメールで送付する、通称「PPAP」を廃止する動きが加速している。長い間、慣習や社内ルールという理由で続けてきた人も多いだろう。しかし、情報漏洩対策としての効果は小さく、むしろセキュリティリスクの一つになっているという指摘が出ている。

 PPAPの問題点は、いくつもある。例えば、メールは受信者の裁量で転送できること、パスワードの解析ツールで比較的容易に復号可能であること、メールの送受信に手間がかかって作業効率が悪いことだ。これらは、クラウド・ストレージ・サービスを利用することで解決する。社外の相手に対しても、ファイルへのアクセス権限を細かく制御できるほか、ファイル容量も気にせず、安全に送信できる。また、メール送信後でも最新のファイルに更新することが可能だ。

 本資料は、PPAPの問題点と、クラウドストレージを利用した解決策をマンガで解説する。具体的なリスクが想像しやすく、IT技術に詳しくない人にも分かりやすい資料だ。社内での問題提起にも役立つことだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。