資料の紹介

 「ゼロトラスト」の考え方は浸透しつつあるものの、多くの企業は、ゼロディ攻撃やファイルレス攻撃などの新たな脅威に十分対応できていない。特に、リモートワークのために用意されたVDI(仮想デスクトップ基盤)では、端末側のセキュリティが重視される一方で、サーバー側の対策がなおざりになっているケースがある。

 インフラチームとセキュリティチームの連携不足にも注意が必要だ。インフラチームは環境に新たなパッチが適用されることを嫌がり、一方のセキュリティチームは、本番環境でどのようなアプリケーションや処理が実行されているかを正確に把握していない。こうした状況で、脅威の兆候を事前に察知することは難しい。

 本資料では、見落とされがちなサーバーを含めた、VDI環境全体のセキュリティ管理を支援するSaaS型ソリューションの特徴を、画面例や導入効果を交え紹介する。アンチウイルス、EDR(Endpoint Detection and Response)、監査/復旧といった既存機能に加え、脆弱性評価やインベントリ&ライフサイクル管理などの機能を装備。インフラチームとセキュリティチームの連携を助け、対応すべき問題と優先度を常時把握できるようにするという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。