資料の紹介

 プリンターやプロジェクターのほか、ウエアラブル機器やロボット分野にも積極的に事業展開しているセイコーエプソン。同社は長年、国内外の事業所とグループ会社に配備した約5万台の端末のセキュリティ対策として、パターンマッチングによる従来型ウイルス対策ソフトを導入していた。

 ところが、サイバー攻撃の高度化・複雑化に伴い、様々な問題が起きてきた。例えば、以前は1週間に1回程度だったパターンファイルの更新が1日数回へと増加。パターンマッチングでは検知できない攻撃も急増した。また、パターンファイルの容量増加により、更新の際にネットワークがパンクするという事態も発生した。そこで同社が導入したのが、「次世代型」と呼ばれるアンチウイルス製品だ。

 本資料では、リアルな検体を使った事前検証で検知率100%を確認するなど、セイコーエプソンがどのように次世代型アンチウイルス製品の導入を決定したかの経緯を詳しく紹介している。数万台に上る端末に短期間で展開した方法を含めて、次世代型アンチウイルス製品導入の成功事例として参考にしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。