資料の紹介

 既知のマルウエアや攻撃手法を基にシグネチャを作成する従来型のアンチウイルスソフトでは、未知のマルウエアや、Powershellに代表されるOS付属のツールを悪用した攻撃を完全に防ぐことは、もはや不可能といえる。

 これに代わり、セキュリティ対策の主流となりつつあるのが、EDR(Endpoint Detection and Response)を搭載した次世代アンチウイルスソフトだ。EDRは、PCなどのエンドポイント端末を監視し不審な動きを検出することで、サイバー攻撃を検知し対処できるほか、被害の最小化を支援する仕組みも備えている。ただし、運用にはある程度のスキルやノウハウが必要なため、自力での運用に不安を覚える管理者も多い。

 本資料では、EDRのメリットを活かした運用を支援することで、人員を増やさずセキュリティを強化できるという「MDR(Managed Detection and Response)」サービスを紹介する。ユーシン精機は同サービスの導入により、運用負荷を増やさずに、24時間365日のエンドポイントセキュリティ強化を実現した。

 

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。