資料の紹介

 いまや企業がパブリッククラウドを活用することは当たり前になった。特にMicrosoft Azureは、Windowsベースで構築されたオンプレミスのシステムの移行先として、あるいはマイクロソフトのテクノロジーで構築される様々なシステムのプラットフォームとして、多くの企業が活用している。

 ただし、Azureを活用する際もセキュリティ対策は不可欠だ。IaaSを利用するならその上で動作するゲストOSやミドルウエア、PaaSを利用するならアプリケーションやデータについて、ユーザー側がセキュリティに責任を持つ必要がある。また、オンプレミスとAzureを組み合わせたハイブリッド環境では、オンプレミスとAzureの間にも注意を払わなければならない。

 本資料では、Azureを活用するうえで必要となる、こうしたセキュリティ対策を解説する。Azure自身に用意されているセキュリティ機能やサービスの活用はもちろん、サードパーティ製のツールやサービスを組み合わせることで、より強固なセキュリティ対策を実現できることが理解できるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。