資料の紹介

 環境変化への迅速な対応や、ビジネスの柔軟な拡大を求める企業の間で、クラウドの利用が加速しており、中でも、プライベートクラウドとパブリッククラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド環境が増えている。しかし、IT部門にとっては、接続/統合/可搬性における問題発生や、導入/保守における複雑性の増大を意味する。

 ハイブリッドクラウドの構築を成功させるうえで不可欠なのは、技術力だけでなく、戦略的で緻密なアプローチだ。何をオンプレミスに残し、何をクラウドに配置するか。IT部門への影響を想定しつつ、両者をどのようにしてシームレスに連携させるか。こういった点を丁寧に検討しなければならない。

 本資料では、IT部門がハイブリッドクラウド戦略を策定するにあたって考慮すべき、4つの重要な柱について説明する。多種多様なアプリケーションを、幅広い環境向けに提供するクラウド・プラットフォームの基盤として、オープンソースのコードとソフトウエアが有用だとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。