資料の紹介

 コロナ禍において急増したリモート会議。今や「リモート映え」などという言葉が出るほど浸透し、服装や照明、身だしなみなど、リモート会議における見栄えを気にする人も増えている。ただし、大事なのは映像だけではない。「音」も重要なファクターだ。静かな個室ならまだしも、家族やペットがいる自宅、周囲も会話をしている職場など、リモートゆえに環境を選べない悩みがある。周囲の雑音が大きかったり、声が聞き取りづらかったりすると、それだけで会議参加メンバーはストレスを感じてしまう。

 「音」の課題を解決するには、音響機器の見直しが最も効果的だ。音質はもちろん、周囲の音をシャットアウトして会話に集中できる高い遮音性や、生活音や雑音を相手に聞かせないためのノイズキャンセリング機能など、リモートコミュニケーションに適した機器の導入が確実と言える。

 本資料では、リモート会議における不満点に関する調査結果を基に「音」に関する課題を解説する。併せて、UC(ユニファイドコミュニケーション)認定されたヘッドセットなども紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。