資料の紹介

 ランサムウエア攻撃が激化している。その背景にあるのは、誰でも手軽に攻撃者になれるRaaS(ランサムウエア・アズ・ア・サービス)の台頭と、コロナ禍で急激に働き方が変化したことでセキュリティ対策が手薄になったことだ。被害は大企業に限らず、自社が狙われる心配はないと高をくくっていた中小企業にまで及んでいる。

 今日の攻撃では使い捨てのマルウエアが主流となり、シグネチャベースの従来のアンチウイルスソフトでは対応にも限界がある。多様化する攻撃に有効とされてきた多層防御をもってしても、巧妙化する未知のマルウエアの被害を食い止めるのは困難になりつつある。

 本資料では、最新のサイバー攻撃の手法や影響範囲について解説すると共に、対策に必要不可欠な「カネ」「人」「スキル」の問題を解決する手段として、「AIを活用したエンドポイントセキュリティソリューション」を提案。AIによって未知のマルウエアを検知する仕組みや、従来のシグネチャ型ソリューションとの違いなどについて詳しく説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。