資料の紹介

 GIGAスクール構想により、全国の教育現場でデジタル化が進められている。1人1台の情報端末に加えて、教室で重要な役割を担うのが電子黒板だ。従来のプロジェクターで投影する方法では、先生が操作端末とスクリーンを行き来する必要があるため、授業の流れが悪くなる。ちょっとした書き込みさえ、スムーズにはできない。

 電子黒板を導入すれば、投影内容に書き込んだり、クラウド上のファイルにアクセスしたりすることも簡単だ。電子黒板には、先生が直感的に操作できることが求められる。また、授業で利用する多様なアプリケーションへの対応や、外部端末とシームレスにつながる拡張性も必要である。

 本資料は、50台の電子黒板を導入したインターナショナルスクールの事例について紹介する。電子黒板の選定のポイントと導入効果、実際に授業を行っている先生の声のほか、電子黒板の導入を検討している学校や自治体に向けたアドバイスも収録されている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。