資料の紹介

 GIGAスクール構想により、小中高等学校において児童・生徒の端末1人1台環境が整備されつつある。しかしそれに伴い、現場では新たな悩みが生じている。例えば、家庭内学習のために端末を自宅に持ち帰らせる際に、インターネットをどこまで自由に使わせるかである。児童・生徒がトラブルに巻き込まれたり、学習に関係ないサイトを閲覧したりする恐れがあるからだ。とはいえ、ネット利用を一切禁止にしてしまうと学習効果が薄れる可能性もある。

 1つの解決策はフィルタリングソフトやサービスの導入だが、フィルタリングを利用する場合にも課題がある。きめ細かいフィルタリングを設定するには手間がかかり、忙しい教職員にはそのための時間がないことだ。また、通信障害や負荷増によるレスポンス悪化も気になる。

 本資料では、端末1人1台時代におけるこうした悩みに応えるための、クラウド型フィルタリングサービスについて解説する。具体的な課題に対してどのような解決策があるのかを、いくつかの事例を通じて紹介している。教育委員会や学校の関係者はもちろん、最新のフィルタリングについて知りたい方も、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。