資料の紹介

 テレワークの利用が拡大し、様々なクラウドサービスを使うようになった今、従業員が管理しなければならないID/パスワードの種類は増加傾向にある。その結果、パスワード忘れが頻発し、IT部門の負担も増している。さらに、管理の煩雑さを嫌って同じパスワードを使いまわす従業員が増え、漏洩時の被害が拡大する恐れもある。

 テレワークが普及した今、「外部の脅威から社内システムを守る」というこれまでのネットワークセキュリティの考え方は通用しなくなっている。これに代わってゼロトラストが登場し、アクセス制御の重要性がかつてなく高まっている。

 本資料では、テレワークやクラウド利用の拡大に伴って表面化した、パスワード認証の課題を解決する手段として、「FIDO2」対応の生体認証と、記憶型認証の2要素による、パスワード不要の認証基盤システムを提案。その仕組みや導入メリット、典型的な導入シナリオなどを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。