資料の紹介

 働き方改革やコロナ禍の影響によってテレワーク化が進み、クラウドサービスを利用する企業が急激に増えている。同時に、セキュリティや労務管理で、テレワークならではの課題も露呈している。情報処理推進機構(IPA)が2021年1月に発表した「情報セキュリティ10大脅威 2021」では、「テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃」が初めてランクインし、組織の脅威の第3位に入った。

 セキュリティ対策と労務管理に有効なのが、操作ログによる証跡管理だ。「いつ、誰が、どのファイルを、どこへ、どうした」という記録を適切に管理・分析することで、社内外からの不正操作を素早く検知できる上、不正の抑止に役立つ。また、クライアント端末の利用時間から、労働時間や業務効率を把握することができる。

 本資料は、テレワークやクラウドサービスの利用を支援する操作ログの管理システムと導入事例を紹介する。ログは、ただ収集しても意味がない。管理・運用のしやすさが、効果的なログ活用には必要だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。