資料の紹介

 データベースセキュリティは今、これまで以上に複雑で費用がかかるセキュリティ分野の一つとなっている。様々なデータベースサービスの追加とクラウドサービスの増加のために、サイバー攻撃の対象領域が広がり、セキュリティ担当者は増加し進化し続ける脅威への対応を迫られている。

 だが、著しい進化をみせるサイバー脅威をよそに、なかなか深まらないのが、セキュリティに対する経営層の認識だ。セキュリティ担当者は、これまでのセキュリティ投資からさらに多くの価値を引き出すことを求められており、多くの企業で、経営層の積極的な関与の欠如と、スキルを持つ人材の不足が課題となっている。

 本資料では、近年のデータベースセキュリティを難しくしている課題、およびそれらに対応するための方策を説明している。企業のセキュリティ責任者は、高度なスキルを備えたITスタッフとビジネス指向の経営陣の間をつなぐ意思決定者として行動する必要があり、それには、独自のスキルセットが必要になるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。