資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症の流行により、全国のあらゆる規模の企業が、リモートワークの導入を余儀なくされた。クラウドの活用やモバイルデバイスの利用が進んだことも相まって、社内と社外の境界に強固な“壁”を築く従来の「境界防御型セキュリティモデル」は、もはや通用しなくなっている。

 リモートワークでは、ネットワーク経由で他のコンピュータやサーバー、クラウドサービスにリモートログインする機会が増えるため、ID管理の徹底がセキュリティ対策の要となる。とりわけ、サーバーなどの管理をリモートから実施できる特別な権限が付与された「特権ID」の管理には注意が必要だ。

 本資料では、「ゼロトラスト」時代の特権アクセス管理とセキュリティ対策の要件を解説した後、それらを満たすというソリューションについて紹介する。クラウドサービスでは特権アクセスの扱いがオンプレミス環境と異なっており、その点を意識して管理しないと、簡単に侵入されてしまう可能性があるとして注意を促している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。