資料の紹介

 新システムの構築や既存システムのリプレースをする際、クラウドサービスの利用を検討することが増えている。ただし、クラウド上では「できること」と「できないこと」、「すべきこと」と「すべきではないこと」がある。

 クラウドシステム構築の成功のカギは、特性の十分な理解と、適切なアーキテクチャーの選択だ。そのためには、システムの可用性、セキュリティ、拡張性などの非機能要件の整理が欠かせない。クラウド利用では、運用負荷を下げるように非機能要件をすり合わせることが重要になる。運用にシステムを合わせるのではなく、システムに運用を合わせる。

 本資料は、クラウドシステム構築の成功のカギを握る非機能要件の整理について、そのポイントを解説する。資料中のチェックリストは、代表的なクラウドであるAWS(アマゾンウェブサービス)を導入する際の具体的なガイドラインとして、要件整理に活用できる。システムの機能ばかりに関心を向けがちだが、議論を深める前提条件として、非機能要件を整理しておこう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。