資料の紹介

 ウイルスの亜種・変異型が次々に送り込まれてくる昨今、定義ファイルでウイルスを検知・隔離する従来型のウイルス対策ソフトでは、もはや脅威に太刀打ちできなくなっている。そこで注目されているのが、検知漏れは不可避という前提のもと、さらに別の手法でウイルスを検知し、感染を封じ込め、分析ツールで原因を探るなどして防御力を高める「多層防御」の考え方だ。

 しかし、多層防御の実現に向けて複数の製品を導入した結果、機能が重複した「多“重”防御」になって無駄なコストが生じたり、運用負荷が大きくなったり、といったケースは少なくない。そこで今、広まりつつあるのが、統計やAI(人工知能)などを活用して、より多くのウイルスの検知・隔離を可能にする次世代アンチウイルス(NGAV)製品だ。

 本資料では、ウイルス対策を取り巻く企業・組織の現状を整理し、後悔しないNGAV導入を実現するための7つのポイントについて解説する。NGAVとひとくくりに言っても、製品によって性能には幅があるため、選定を誤ると、従来型の対策ソフトと検知性能が変わらなかったり、誤検知に振り回されて運用負荷が増したりする恐れがある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。