資料の紹介

 コロナ禍以前は、社内外の境界をファイアウオールで守るのが一般的だった。しかし、モバイル端末やテレワークなど社外で業務を行うことが当たり前になった今、境界上の防御だけでは情報漏洩やマルウエア感染などを防ぐことは難しい。セキュリティ対策の基本であるID管理も例外ではない。

 境界型セキュリティ対策を前提にすると、社外のクラウドサービスに社外からアクセスする際にも、VPNを経由しなければならなくなる。それではVPNの運用が大変になるうえ、VPNの脆弱性をついた攻撃も受けやすくなる。そこで、注目されているのがファイアウオールやVPNを前提としないゼロトラストの考え方だ。利用者もデバイスもネットワークも信頼せず、常に検証を行う。

 本資料は、ゼロトラスト時代に適した認証基盤であるクラウド型ID管理・統合認証システム「IDaaS」について詳しく解説する。IDaaSを利用すれば、オンプレミスとクラウドが共存する環境でも、ID管理や認証・アクセス制御などの利便性を損なわず、運用をクラウド上で行える。製品、機能、管理、導入に関する疑問に答える形で、初心者にも分かりやすく解説している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。