資料の紹介

 あらゆる業界で、ランサムウエアによる攻撃が急増している。企業や組織の多くが、その被害を防ぐためにセキュリティ対策を講じているが、一つのソリューションだけでは十分な保護を実現できない。ランサムウエアのリスクを軽減するには、複数のテクノロジーを使って、多層の防御システムを構築する必要がある。

 さらに最近では、バックアップデータをターゲットとする攻撃も増えているため、バックアップインフラに依存したこれまでのセキュリティ対策は、十分とは言えなくなっている。データ基盤についてもセキュリティを確保し、強固なバックアップシステムを実装することが急務となっている。

 本資料では、ランサムウエア攻撃に備えるための10のガイドラインを紹介し、セキュアなバックアップ戦略を実装するための6つの手順について説明する。ランサムウエア対策とリカバリのための多層方式のセキュリティアプローチは、データを保護するための最もコスト効率の高い方法の一つだとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。