資料の紹介

 「機能追加を要求しても、予算や費用対効果などの条件が厳しく、なかなか認められない」「認められても、実現までに長い間待たされる」。自社のIT部門に対してこうした不満を募らせるエンドユーザーは多い。一方で、要求に応えたくても、リソースが限られているため応じきれないという“需給ギャップ”が、IT部門の悩みだ。

 だが、実はIT部門の業務には、エンジニアが注力すべき領域とそうではない領域がある。“需給ギャップ”を解消するには、市販のツールなどで簡素化できるタスクは、簡素化してエンドユーザーに任せ、IT部門のエンジニアは、より創造的でビジネスへの貢献度の高い領域に専念できる体制を作ることが肝要だ。

 本資料では、ビジネス現場の要請にIT部門が応えきれない“需給ギャップ”の解消に有効な仕組みとして、システム連携をローコードで自動化する基盤「エンタープライズiPaaS(Integration Platform as a Service)」を提案。その特徴や導入メリットを説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。