資料の紹介

 世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るう一方、サイバー空間では、個人のパソコンから重要インフラまで様々なシステムを標的としたランサムウエアによる被害が激増している。攻撃者らはRaaS(Ransomware as a Service)と呼ばれる攻撃専用インフラを構え、金額交渉などの窓口を設置するなど、組織化されたギャング集団として活動している。

 一方、いつターゲットになるか分からない企業や組織は、アンチウイルスソフトなどの対策を導入してはいるものの、それが果たしてランサムウエアに効果的なのかどうかは、分かっていないケースも多い。実際、どの程度のランサムウエア対策を導入すれば、リスクや投資対効果の面で適切なのかを判断することは難しい。

 本動画は、「ホワイトハッカー(正義のハッカー)」としての活躍で知られる、多摩大学ルール形成戦略研究所客員教授の西尾素己氏による講演を収録したもの。具体的な事例を挙げながら、一般的なサイバー攻撃とランサムウエア攻撃の違いや、ランサムウエアギャングの攻撃の動機、有効な対策方法、経営層としての向き合い方などについて解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。