資料の紹介

 コロナ禍をきっかけに増加したテレワーク。依然として続くコロナ対策と働き方改革も踏まえ、もはやテレワークはいっときのソリューションではなくなった。そんなニューノーマル時代に向け、本格的なクラウド導入を検討する企業も少なくない。とはいえクラウドへ移行することには、本当にメリットがあるのだろうか。

 従来のオンプレミス環境は、管理・運用・トラブル対応など情報システム部門への負荷が大きく、設備費・ライセンスなどコスト面での負担も大きい。クラウドはこれらを解決し、シンプルかつ低コストで導入できるのが利点だ。そして、社内ネットワークを利用できないテレワーク環境でも、クラウドならではのセキュリティサービスを利用することで、オフィスの端末と同様の安全性を確保できる。

 本資料では、これから本格的なクラウド導入を検討する企業に向け、オンプレミスの課題とクラウド移行によって解決されるポイントを詳しく解説している。テレワーク環境を前提としたセキュリティ対策に最適なソリューションも、併せて紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。