資料の紹介

 ハイブリッドクラウドでITインフラを構築している企業の多くは、その運用管理に悩んでいる。案件単位でクラウド事業者を選ぶと、どうしても対症療法的な運用となりコストが増大する。大切なのは、包括的なパートナーを選びITインフラの管理を委託することである。

 そこで注目を浴びているのが、オンプレミスとパブリッククラウドが混在するハイブリッドクラウド環境でも、システムを一元管理できるサービスである。中でも、オンプレミスにあるサーバーでも運用・保守を含めて従量課金制のコンサンプションモデルとして提供するサービスが重宝する。これにより、ユーザーのITオペレーションをシンプル化することができ、運用管理に関わる工数も削減できる。

 本動画に収録されている講演では、ハイブリッドクラウドにおけるコンサンプションモデルのサービスを解説している。最初にクラウド全般の動向を解説した後、具体的なサービス内容を紹介する。ハイブリッドクラウドの運用管理に悩んでいる企業には、一見の価値がある動画と言えるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。