資料の紹介

 Webアプリケーションの重要性は一層高まっており、多くの企業にとって必要不可欠な存在になっている。それと同時に、Webアプリの開発プロセスや技術にも大きな変化が起こりつつある。にもかかわらず、従来通りのセキュリティ対策ツールを使ってWebアプリケーションを保護している組織は、依然として多い。

 従来のセキュリティツールの多くは、最新の分散型環境を想定して作られていない。そのため、新しいアーキテクチャーのWebアプリやクラウド環境に適用しようとすると、セキュリティ対策が複雑になり、余計なコストが発生するだけでなく、誤検知への対応に苦慮することになる。

 本資料では、最先端のWebアプリのトレンドと、組織が直面しているセキュリティの課題について、500の組織を対象として実施したグローバルな調査の結果を紹介する。パブリッククラウドとAPI中心のアプリケーションへの移行によって、多くの組織が適切なセキュリティを維持するのに苦労している様子がうかがえる内容だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。