資料の紹介

 サイバー攻撃の形態や動機は様々だが、価値のあるデータを破壊し、盗み、身代金を要求することで、金銭的な利益、社会的または政治的な目的を果たすという目標は一貫している。ビジネスにおけるデータの重要性が増し、企業がより多くのデータを扱うようになるにつれ、サイバー犯罪はますます活発化し、要求金額も増えている。

 だが、従来のディザスターリカバリー(DR)とビジネス継続計画(BCP)は、システムやデータだけでなく、バックアップもターゲットとする最新のサイバー攻撃に十分に対抗できるものとは言いがたい。ある調査(※)では、回答者の69%が、サイバー攻撃を受けた場合、重要なデータのすべてを回復できると確信できていないという。

 本資料では、サイバー攻撃に対抗するための機能を備えた、最新のデータ保護ソリューションを紹介する。バックアップとセキュリティの機能を連携させることで、バックアップデータの侵害、DR拠点の漏洩や感染といった事態になっても、重要なデータを短時間で復旧できる可能性を高められるとしている。

※出典:Dell Technologiesグローバル データ保護インデックス

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。