資料の紹介

 Oracle Databaseの持つクラスタリング機能であるRAC(Real Application Clusters)は、バージョン19からSE2(Standard Edition 2)ライセンスでの利用ができなくなり、SE2ユーザー向けの代替機能としてSEHA(Standard Edition High Availability)が提供されるようになった。しかし、SEHAはRACとまったく同じというわけではなく、利用の際には注意が必要だ。

 SEHAでは、サービス提供ノード(アクティブノード)に障害が発生した場合、他のノード(パッシブノード)でサービス提供を開始するフェイルオーバーを採用している。アクティブ・アクティブで動作するRACとは、この点が大きく異なる。さらに、Oracle Databaseバージョン19以降へのアップグレード、および共有ディスクが必須となる。

 本資料では、SE2向けRACの後継機能となるSEHAの特徴や制約について説明し、あわせて、Oracle Database対応のサードパーティ製HA(高可用性)クラスタソフトとの比較を示す。SEHAはOracle純正の機能であるため、メーカーサポートが受けられ、無償で提供される一方で、利用する際には、構成、バージョン、環境などの条件を満たす必要がある。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。