資料の紹介

 ビジネスの基盤となるITシステムを、障害からいち早く復旧させ、事業継続性を担保することは、企業にとって非常に重要な命題だ。障害の影響を最小化する手法のひとつに「高可用性(HA:High Availability)クラスタ」があり、多くのシステムで採用されている。

 HAクラスタの一般的なシステム構成は、稼働系と待機系の2系統のシステムを用意し、稼働系に障害が発生すると直ちに待機系に処理を移行させる「アクティブ・スタンバイ構成」である。しかし、多数のHAクラスタソフトの中から、自社の求める可用性レベルを予算内で実現できるものを選ぶのは、そう簡単ではない。

 本資料では、HAクラスタを実現するソフトウエアの主要4製品を分類、その特徴を紹介する。選定のポイントとなるのは主に、「対応する環境やソフト」「サポートのレベル」「コスト」の3点。ニーズに合う製品を簡易的に診断できるチャートも掲載している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。