資料の紹介

 多くの食品メーカーにとって、多様化する顧客の嗜好に対応した製品を早く・正確に世の中に供給することは共通の課題だ。実現するには、商品開発から品質評価の実験やレシピの設計など、多岐にわたる業務を連携するプロセスを効率的に進める必要がある。

 解決策となるのが、食品・飲料業界向けの統合支援ソリューションだ。統一されたプラットフォームの上で、製品開発と設計業務に並行して製品の品質特性を確認する試験業務を行い、設計を終えるとその情報を製造部門に渡す。その一連のプロセスが厳密なプロジェクト管理のもとに行われる。

 本動画では、食品・飲料業界向け統合支援ソリューションの中から、製品の企画設計の部分について詳しく解説する。代表的な機能の1つに仕様管理がある。製品開発に関する全データにIDを振ってバージョン管理するもので、これを活用すれば製品化に至らなかった開発データも再利用できるという。また、プロジェクト管理機能によって進捗度やリソースを見える化することで、最適な資源配置やリアルタイムでのコストシミュレーションも可能になるとする。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。