資料の紹介

 今日のビジネスで、情報セキュリティの重要性は極めて高い。組織のセキュリティ部門は、外部からの脅威の侵入を検知・防御するだけでなく、内部に潜む脅威からも重要な情報を保護する対策によって多層防御を強化し、数多くのリスクから企業を守らなければならない。

 内部に潜む脅威への対策を実現する技術として代表的なのが「ファイル暗号化」だ。しかし、多くのファイル暗号化製品では、「ファイルを暗号化する操作」が必要なため、手間が増えることを嫌うユーザーの自己判断で、重要なファイルが暗号化されず、安全性が損なわれてしまうという、対策上の“穴”が生じやすい。

 本資料では、強固なセキュリティ体制を構築するのに不可欠なファイル暗号化製品を選択する際に、注意すべきポイントを解説している。あわせて、自動暗号化を設定することで、ユーザーの手間を増やさずにファイルの機密性を確実に高められるという暗号化ソリューションを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。