資料の紹介

 現在、多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる。そこで決定的に重要なのが「データ」だ。AI(人工知能)や機械学習、IoTなどの先進技術の活用はもちろん、営業やマーケティング、さらには経営における意思決定まで、「データ」がなければDXを実現することはできないだろう。

 ところが、「データの重要性」は分かっていても、「データ品質の重要性」まで認識できている企業はそれほど多くない。データには品質がある。品質が低ければ、データから新たな価値を引き出すことは難しい。昔から言われる「ガベージイン、ガベージアウト(ごみを入れたら、ごみが出てくる)」という格言の通りだ。

 本資料は、データの品質による違いを分かりやすく説明したものだ。企業が高品質なデータによって得られる恩恵と、低品質なデータによって支払う代償を具体的な事例を交えて解説する。さらに、データ品質を高める取り組みのステップについても詳しく述べる。本資料で、ぜひ「データ品質」の重要性に気づいていただきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。