資料の紹介

 電子帳簿保存法が2022年1月1日から改正されるのはご存じだろうか。1998年に制定された電子帳簿保存法では、それまで原則的に紙での保存が義務付けられていた帳簿書類について、一定の要件を満たせば、電子データとして保存することが可能になった。では、今回の法改正で何が変更になるのだろうか。

 まず、国税関係帳簿書類の電子データ保存に関する要件が緩和される。領収書などのデータ保存に関するハードルが大きく下がり、経理業務のデジタル化を後押しするものと期待されている。一方で、電子取引時の電子データ保存が義務化される。電子取引による請求書や領収書の授受は、経理部だけではなく、多くの部門で行われるため、全社規模でそれらデータ保存を徹底するよう周知する必要がある。

 本資料では、電子帳簿保存法改正のポイントと、法改正による影響について解説する。法改正後の対策として何をすべきかを説明するとともに、企業の規模や解決すべき課題に合わせた運用管理支援ツールについても紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。