資料の紹介

 ITシステムのインフラとして、パブリッククラウドを選ぶ企業が増えている。ただし、オンプレミスがなくなるわけではない。クラウドへの移行が困難なシステムもあるし、積極的にオンプレミスが求められる場合もある。重要なことは、二者択一ではなく、パブリッククラウドとオンプレミスがシームレスに統合された環境を構築することだ。

 そこで注目したいのが、パブリッククラウド上でVMwareの仮想環境を提供するサービスだ。このサービスを使うと、オンプレミスで使ってきたVMwareの仮想環境を、そのままパブリッククラウドでも利用できる。システム移行が容易で、習得したスキルも無駄にならないため、オンプレ/クラウドの統合を目的に導入する企業が増えている。

 本資料は、クラウド上のVMware仮想環境を実際に導入した企業を対象に、調査会社IDCがグローバルで調査してその成果をまとめたリポートである。同仮想環境を活用することで、インフラ管理、ITヘルプデスク、データベース管理などでどのようなメリットが得られたかを客観的な数値で報告している。VMware環境を運用している企業なら、ぜひ参考にしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。