資料の紹介

 サーバーやネットワーク機器といったITインフラの運用管理は、ビジネスの土台を支える重要な業務だ。特にビジネスの変化が激しい昨今は、ITインフラ側にも変化に追随するスピードや柔軟性が求められる。提供しているサービスが急成長すれば、それに合わせてサーバーを増やしたり、ネットワークの規模を拡大したりすることが必要だ。

 しかし、変化があるたびに人力・手作業で対応していては、とても間に合わないしミスも増える。そこで活躍するのが、サーバーやネットワーク機器の運用管理を自動化する構成管理ツールである。例えば、大規模なクラスター構成のシステムも短期間でミスなく構築できるなど、ITインフラがビジネスの足を引っ張ることがなくなる。

 本資料では、特にネットワーク管理業務に着目して、自動化のメリットと実際の進め方を紹介する。まず、構成管理ツールの基本機能と選択のポイントを整理し、具体的にどのような作業を自動化できるかを解説。さらに、自動化定着に向けた取り組みや、5つの事例にみる導入効果も紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。