資料の紹介

 オフィスソフトやグループウエアをひとまとめにして提供するMicrosoft 365は、多くの企業で使われている。特に、今回のコロナ禍でテレワークが推奨されたこともあり、大企業に限らず中堅企業でも急速に導入が進んだ。だが、Microsoft 365が社内に浸透するにつれて、ガバナンスの必要性を痛感し始めたIT担当者は多いのではないだろうか。

 例えば、Microsoft 365ではエンドユーザーがグループを作り、そのメンバーにアプリケーションやデータへのアクセス権限を付与できる。IT部門の手を借りずにコラボレーションの手段を構築できることは大きなメリットだ。しかし、裏を返せば、アプリケーションが次々と自由に作られ、組織全体のMicrosoft 365コンサンプション(消費量)が激増、というリスクにもつながりかねない。

 本資料では、SharePointを含むMicrosoft 365の有効活用と“乱用”防止、そして効率的な管理を実現する「ガバナンス」関連業務の実際について、基礎知識から、よくある悩みと解決策、最適なガバナンスレベルの設定とガバナンス維持の自動化メリットまで解説する。自動化によるコスト削減の試算ツールも紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。